日本医療保育学会
日本医療保育学会 日本医療保育学会
日本医療保育学会 日本医療保育学会

理事長からのご挨拶 GREETING

この度の役員改選で、理事長に就任しました中村です。
就任に際しまして、一言ご挨拶と初心の一端をお届けさせていただきます。
私は常々療養生活の中で保育士に出会えてよかったと子どもと家族が思えるような「元気な医療保育」を目指さなければいけないと思っておりました。この点につきまして、皆様のご理解をいただきながら、これまでと同様の気持ちで取り組んでいく所存です。
具体的には、これまでの学会の取り組みを引き継ぎながら、次の3つの方策を考えています。

第1 医療保育士の質の向上

  • ● 保育士全体のスキルアップを図る
    単独や少数で勤務している方々が圧倒的であり、勤務先において保育士に対するキャリア支援を行っているところも少ないのが現状です。学会として経験年数等に応じたスキルアップ研修会の開催や初任者に対する病院実習などの学会として医療現場の保育士の育成に関わっていけるように検討したいと思います。
  • ● 医療保育専門士の質の担保
    医療保育専門士の養成について、定期的に専門士やその上司へのアンケートなどを実施し医療保育士の養成の実施方法や内容の見直しを行います。資格取得後のスキルアップ研修会の開催の検討も行いたいと考えています。
  • ● テキストの改訂
    現在進行中です。
  • ● ブロック研修会の充実・強化
    研修会の内容はもちろんですが、専門士同士のつながりや学会員のつながりの強化を図っていきます。

第2 学会への保育士の参加と広報活動

  1. 委員会活動や資格取得研修会の講師やファシリテーター、資格審査の事務業務などを通して学会への参加を促していきたいと考えています。
  2. リーフレットの発行を引き続き行います。
  3. CLS・HPS・子ども療養支援士との連携を図っていく必要がありますが、どのように連携を図っていく必要があるかは理事会で検討していきます。そのために、検討するWG(ワーキンググループ)を設置したいと考えています。

第3 今後の学会の在り方を検討

医療保育士たちが活動する学会の20~30年後のあり方を考えていきます。

最後に、重要な課題として、医療の場における保育の重要性や保育士の配置、身分の安定などを国へ働きかけていくことも考えています。
また、保育士たちが中心になり力を合わせて学会を運営していけるようにしていきたいと考えております。
そうはいっても学会の運営などを経験したことのない保育士たちの力で進んでいくことはできませんので、皆様どうぞ、ご指導、ご協力よろしくお願いいたします。

日本医療保育学会
理事長 中村 崇江